下條歯科医院

地下鉄浄心駅より徒歩8分!名古屋市西区 一般歯科 訪問歯科 下條歯科医院

一般歯科

小児診療

HOME >  一般歯科  > 小児診療

小児診療について


歯科治療に対する恐怖感を与えないよう、歯磨きなどの簡単な処置よりはじめ、歯科治療に慣れてもらいます。
おさえつけたりするようなことはせず、自ら治療を受けられるよう指導いたします。

プラーク(歯垢)の染め出しチェック

プラークコントロール
  • プラークコントロール

    歯の表面につく、ヌルヌルとした歯垢(プラーク)、この歯垢にはたくさんの細菌が潜んでいて、
    虫歯や歯周病の最大の原因です。
    虫歯や歯周病を予防するためには、このプラークを除去することが不可欠です。
    (これをプラークコントロールといいます)。
    歯磨きはプラークを取り除く基本的な方法ですが、正しい歯磨きをしないと、
    毎日磨いていてもプラーク(歯垢)を完全に除去することはできません。

きちんと磨けているかチェックしよう!
  • 染め出し

    プラーク(歯垢)は、歯の色と似た白い色をしており、ちょっと見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。まず、正しいブラッシングができているのかどうかを確認しなければなりません。
    そこで、プラーク(歯垢)を赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。
    染め出しをすることによって、普段プラーク(歯垢)を見落としている所を目で確かめることができ、
    歯磨きの癖(くせ)がわかります。ぜひ試してみてください。
    染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので飲み込んでも体に害はありません。

    ・まず、染め出し剤を歯のすみずみまで塗ります。
    ・その後2~3回うがいをして余分な染め出し液を洗い流します。
    ・赤く残ったところがプラーク(歯垢)が着いているところです。
    ・赤いところがなくなるまで丁寧にブラッシングしましょう。ブラッシングした後、もう一度染め出しで確認いたします。
    ・染め出しの結果を元に、患者様一人ひとりに合ったブラッシングの方法を指導いたします。

無痛治療

麻酔による無痛治療
注射麻酔は痛みを感じなくさせるもっとも有効な方法です。注射麻酔の針を刺す前に「塗る麻酔」を使い、痛みを軽減。
麻酔液を体温に近づけて、麻酔液と体温の温度差による刺激をなくします。
お問い合わせはこちら