下條歯科医院

地下鉄浄心駅より徒歩8分!名古屋市西区 一般歯科 訪問歯科 下條歯科医院

一般歯科

一般診療

HOME >  一般歯科  > 一般診療

一般診療について

下條歯科医院ではご来院される患者様の不安を解消し、安心して治療を受けていただくため、
スタッフ一同、患者様への気配りと笑顔での対応を心がけております。
治療について患者様とのコミュニケーションを大切にしています。
基本的な虫歯治療から、歯周病に関するご相談など様々なケースに対応可能ですので、一度ご来院ください。

歯周病

  • 歯周病

    歯周病は無症状のうちに無自覚に進行してしまう怖い病気です。
    歯を失う一番の原因は歯周病です。虫歯ではありません。歯周病は発症しても、軽度の段階では、しみるとか痛むとか物がよくはさまるとかよく出血するとか、ほとんど症状がありません。

    だから怖いのです。そのような症状が出た時には既に中期の段階に進行し、骨はかなり失われています。 残念ながら水平的に失われた骨をもとに戻す治療法はありません。(部分的にはあります)
    虫歯は形を元に修復することはできますが、歯周病では修復できないのです。骨の高さを維持するか、進行を遅くするかしかないのです。

    ですので、歯肉炎の段階でとどめて、歯周病を発症させないのが肝心なのです。
    テレビのCMで「歯周病菌を殺す」と言っていますが、あまり真に受けない方が良いでしょう。
    それならば、誰も歯周病で苦しんでいないはずです。
    最も重要なのは日々の歯磨きとその人の歯周病菌に対する免疫能力です。
    30歳の年齢で上下とも総入れ歯の人もいれば、70歳でも健康そのものの人がいるのはこの免疫能力に個人差があるためです。
     定期健診ではまず、「ポケット審査」をしてその人の歯周病の検査をいたします。 それに応じて、スケーリング、ルート・プレーニング、PMTCと進んでいきます。 毎回すべてをするわけではなく、検査の結果に基づいて必要な処置をいたします。 そのため、定期健診が4回かかる人もいれば1回で終わる人もいます。

4ヶ月に1回が平均ですが、その人の免疫能力に合わせて、間隔は変わってきます
この人は免疫能力が高いと診断すれば、6ヶ月、8ヶ月、1年と伸びていきます。
逆に、この人の免疫能力は低いと診断すれば、3ヶ月、2ヶ月と短くなっていきます。

「歯周病は薬とかで治らないの?」という人ほど、歯周病は良くなりません。
そういう人ほど歯磨きもちゃんとしていないのです。楽な道はないのです。

正しい歯磨きと定期健診、それしか歯周病から逃れる手はありません!

他院では「一回20分磨け」とか「一回30分磨け」とかいうところもあるそうですが、
私は人生の時間のバランスにおいてそれはおかしいと思います。
下條歯科医院では、「一回5分」です。
それでも取れない汚れは下條歯科医院におまかせください。
これなら最大でも1日に15分ですので、人生の時間のバランスにおいてもおかしくないと思っています。

虫歯

  • 虫歯

    虫歯

    「虫歯は治りません」
    意外に思われるかもしれませんが、これが真実です。

    私たちが切り傷をした場合、数日で治りますね。
    組織が再生することを「治る」と言うのです。虫歯は削り取って代替物を入れますよね。

    これは「機能を修復した」にすぎません。
    一度虫歯になった物は決して再生されませんから、治らないのです。
    虫歯を治療するということは、実はこういうことだということをよく理解して覚えておいてください。

    歯の一番表面にはエナメル質という水晶ぐらい硬い組織が、口の中では外に触れる部分を覆っています。これは発生からいうと髪の毛や爪と同じ組織から発生しています。だから、爪や歯の表面をこすっても痛くないでしょう。ところが、エナメル質の下の象牙質と一般の人が「神経」と言っている歯髄は、同じものから発生しているのです。ですので、象牙質と歯髄はなんらかの交通があると
    思わなければなりません。虫歯もエナメル質の範囲で修復すれば、後遺症は残りません。
    でも虫歯が象牙質に及び歯髄に近くなるほど修復しても、しみるなどなんらかの後遺症が残ってしまいます。
    これは「神経を取る」などしなければ、治ることはありません。(少しはあります)
    下條歯科医院では、このような観点から虫歯の定期健診を行っています。
    4ヶ月ならエナメル質を超えるような虫歯はできないでしょう。
    これも虫歯の菌に対する免疫能力には違いがあって、定期健診の間隔はばらばらです。
    毎回すべてをするわけではなく、検査の結果に基づいて必要な処置をいたします。

いびきや歯ぎしり・噛みしめでお困りの患者様に

マウスガード

  • マウスガード

    睡眠時のいびきは日常生活においていろいろな障害を引き起こすといわれています。
    そこで下條歯科医院では、睡眠時に上下の顎の動きを固定することで、いびきの発生を予防する
    治療法としてマウスガードを作っています。
    いびきの他にも歯ぎしりや噛みしめによる歯の磨耗を予防する目的としても有効です。

スポーツガード

  • スポーツガード

    スポーツガード

    衝突などの激しい衝撃から歯を守ってくれます。
    耐衝撃吸収性に優れた2層ラミネートスポーツガードです。
    単色、2色、3色からお選びください。別売りのバキュームアダプターを使って
    スポーツ用マウスガードの形成ができます。
    多彩なカラーが選べ、組み合わせも自由!自分だけのスポーツガードを作ることが可能です。

    詳しくはこちら>>

お問い合わせはこちら